快眠

睡眠不足で悩んでいませんか?

毎日睡眠不足に悩んでいる人は、けっこう多いようです。

 

睡眠不足が続いて、日中の活動時間に強烈な睡魔に襲われ、仕事や勉強の効率が悪いと悩んでいませんか?

 

あくび

 

断食はそのような睡眠改善にも役に立つのです。

 

睡眠不足の原因はたくさんあると思いますが、ここでは安眠を妨げる要因をいくつかのパターンに分けてみました。

 

環境要因(枕・明るさ・騒音)

枕の高さが自分に合っていない、寝る部屋が明るい、騒音がひどくてうるさいなど、睡眠をするときの環境が劣悪であるために睡眠不足になってしまう場合を指します。

 

心意的な要因(ストレス・心配事・不安)

これが一番多い睡眠不足の要因であり、大きくて深刻な要因でもあります。ストレスや心配事が多くてそのようなことを考えてしまって常に不安な精神状態になってしまい、そのために睡眠不足に陥ります。

 

身体的要因(年齢・かゆみ・痛み)

年齢的な要因、つまり歳を取ると睡眠が浅くなってしまいますし、アトピーなどがあるとかゆくて眠れませんし、また、筋肉痛などがあるとその痛みで眠れずに、寝不足になったりします。

 

生活習慣の要因(運動不足・カフェイン・アルコール)

ほとんど運動しない状態であったり、カフェインがたくさん含まれるコーヒーや紅茶、またアルコールなどを多く摂取したりすると、覚醒作用が働くために睡眠不足になってしまいます。

断食は快眠を手助けします

断食することが、睡眠不足解消に有効であるかどうかについてみれば、それが原因となって直接的に作用するということはないと思われますが、断食を続けている人の多くは、断食モードに入ると「眠くなる」と口をそろえて言うのです。

それに対しては、こういうことが考えられます。

 

断食中には口から栄養素が入ってこないために、人間は体にため込んでいるエネルギーで、一日でも長く生きようとして省エネ状態が体の中に起こります。

 

だから、走るなどの大きく体力を使う運動ができないように体を「だるくします。

 

野菜

 

そして、一番エネルギーを使わない状態が「眠っている状態」のときなので、当然体を眠くしていくという訳です。

 

睡眠不足で悩んでいる人も、断食中はよく眠れるようになります。

 

断食期間が終わったら環境要因生活習慣の要因など、自分で改めやすいことを中心に色々と改善を加えて、質の良い睡眠時間が確保できるように試してみては如何でしょうか。

 

野菜